FC2ブログ

羊務執筆者党

新刊案内など様々な情報をお伝えします。なお当サークルは男性向ジャンルのため18歳未満の方の閲覧を堅く禁じます。

前多が視た'09年7月アニメ新番組視聴一覧

'09.7アニメ新番組一覧
※画像は某画像掲示板での拾い物です。

4月のアニメ新番組視聴一覧(6月26日UP)で述べました未見のビデオが溜まりに溜まった状態が依然として続いています。
実は引っ越しを計画していまして、ビデオテープ等の家財を減らさなければならず、未見ビデオの消化が第一義となっています。
まあ、思い切って視ずに処分してしまえば良いのですが、流石に未練があってそれは出来ません。
そこへまた、7月の改編期となり数多の新番組がスタートるのですから、堪ったものではありません。(笑)
これも無視して一切視ずにいれば良いのですが、これもまた未練があり一応チェックして気に入った作品は視続けたいものです。
ただ、前述の理由もあり視聴数は減らさなければなりません。
そこで未練を断ち切る…… というか自分を納得させる為に4月の時と同様に、自分がその作品を受け入れる“ハードル”をわざと高くし、難癖をつけるのに近い様な評価を下して、極力視聴数を減らす方向にしました。

いつも通り、5つを満点とした★の数で初見時に感じた面白さを表しています。
私の嗜好(絵柄etc~)に余りにも合わず、早々に(多くはAパートの途中、OPのみの場合も有)視るのを止めた為、評価しようが無かった作品には★がありません。
末尾に記された × は、初見以後は視なかった事を表します。
×が2つは、その後数話まで視たものの結局面白く感じず、視聴しなくなった作品です。
猶、初見は必ずしも第1話とは限りません。
そこで今回から《》内に初見の話数を明記する事にしました。
相変らず私は、専門雑誌や原作となる事が多いラノベと漫画は全く読みません。よって、作品の事前情報や設定は殆ど知りませんので、評価と感想は作品への予備知識がほぼ無い状態のうえで記しています。

※視聴可能な放送局(全てアナログ放送)
 ・NHK、NHK教育、NHK-BS1及びBS2
 ・日本テレビ(NTV)、TBS、フジテレビ(CX)、テレビ朝日(EX)、テレビ東京(TX)
 ・UHF→テレビ神奈川(tvk)、東京MXTV(MX)
※[]内の日付は放映開始日です。
※開始時間は第1回放映時のもの記しています。
猶、同一作品を複数の放送局で放映の場合は、原則として地元のテレビ神奈川(tvk)においての放映を視聴しています。

◆日曜
プラネテス NHK-BS2/23:54[5日]
《1》→★★★★★×
新番組ではありませんが、好きな作品なのでこの機会に評価したいと思い入れました。
放映開始は平成15('03)年10月4日ですから、もう本放送から6年近く経つのだと知り少々驚いたと同時に感慨深いものがあります。
こうして改めて視ても未だに遜色が無いですね。
ストーリーを初め、キャスティングも良く作画も安定していると言えるでしょう。
私は良い作品を上から順に傑作→秀作→佳作と、よく3段階にランク付けするのですが本作は秀作と位置付けています。
SFモノ(宇宙モノ)のアニメは数多ありますが、本作の世界は空想性豊かな未来の別世界ではなく、飽く迄も私達がこうして日々暮らしている時間の延長、同じ時間軸にあるのだと感じられてならない、リアルで親近感があり大変楽しめる印象深いものでした。
平成16年7月開始のNHK教育での放送も視ていましたが、未見のビデオが溜まってさえいなければ、三たびじっくりと視直してみたいところです。

かなめも TX/25:30[5日]
《1》→★★★×
物語の導入部、つまり、かなの基本設定が突飛な感じがして少々違和感を覚えたものの、それなりに面白かったです。
冒頭に述べた状況でなければ視続けていたでしょう。

プリンセスラバー! tvk/25:30~[5日]
《1》→★★×
「エロゲー」が原作の為か、いわゆる“とんでも設定”と思える点があり少々興醒めな感があるものの、破綻の無い作りだと思います。
単に私の趣味に合わなかったというだけです。

化物語 tvk/26:30~[5日]
《1》→★×
戦場ヶ原ひたぎの「40キロ後半強」というセリフには非常に呆れました。
勿論、この様な言葉の用法は無く間違いです。
第1話の脚本は木澤行人なる人物ですが、とてもプロの仕事とは言えない実にお粗末極まりないものです。
それとも原作にあるセリフの為、作品世界を損なわない様にそのまま流用したという事でしょうか。
瑣末な事に拘泥していると思われるでしょうが、アニメに於いてのセリフにしろ小説の文章にしろ、文法と同様に言葉の用法(言い回し)は、あらゆる物事を表現するうえで根源的な重要なものだと考えています。
何れにせよ私にとっては歯牙にかけるに値しない作品です。

◆月曜
※視聴作品無し

◆火曜
CANAAN tvk/25:45~[7日]
《1》→無し×
私には面白く感じませんでした。

宙のまにまに MX/26:00~[7日]
《1》→★★★
他愛も無いドタバタものと思いきや、相関関係を初め人物設定がしっかりしていて、勿論ギャグもありますが、思っていたより堅実で真面目な作りなのは意外でした。
取り立てて魅力を感じるという訳ではないものの、好感が持てる作品です。

◆水曜
青い花 CX/26:08~[1日]
《1》→★★★★
逆にこちらは今年7月の新番組の中で最も魅力を感じる作品です。

狼と香辛料II tvk/25:15~[8日]
《1》→★★
前作同様、原作を全く知らない私にとり作品世界へ入る事が、例えるなら硬くて咀嚼しきれない…… という印象を受けてなりません。
商取引の仕組みを初めとした種々の説明をナレーションを使わず、全て劇中の会話やモノローグで表現する技法がそう感じさせる理由かと思います。
確かに、なまじナレーションに因る解説を挿入したりすると饒舌になり過ぎたり、芝居運びのテンポを損ねる可能性があるので、この手法は両刃の剣と言えるかもしれません。
どうも本作はもとから人口に膾炙させる事を考慮せず、敢えて視聴者層を限定している様に思えます。
ただ、破綻の無いしっかりした作りで、質が高い作品である事は間違い無いでしょう。


NEEDLESS tvk/26:15~[8日]
《1》→★×
随所に挿入されたギャグが不必要と思える程浮いていて痛々しく、私には魅力的な(面白い)作品とは思えませんでした。

◆木曜
ノイタミナ 東京マグニチュード8.0 CX/25:00~[9日]
《1》→★★★
前のめりになってTVを注視する…… という例えが相応しい、久し振りに今後の展開が気になってしょうがない作品ですね。
★は4つにするか迷いましたが、まだ様子見という事で用心して上記の通りにしました。
題材が題材だけに安易な鬱展開にならない事を祈るばかりです。

大正野球娘 TBS/25:59~[2日]
《1》→★★★
伊藤かな恵は好きなのでキャスティングも良いですし(考えようによっては豪華な布陣という気が…)、作画も安定していると思います。
“大正時代風の別世界”ではなく飽く迄も“大正時代”が舞台の様なので、学制等の時代考証を正確に描いていけるのか不安がありますが、特に誤謬は無かったと思えます。
本作も前述の「宙のまにまに」と同様に、ドタバタ萌えギャグ・アニメかと思いきやなかなか真面目なストーリー展開で気に入りました。

◆金曜
※視聴作品無し

◆土曜
エレメントハンター NHK教育/18:00~[4日]
《1》→★×
いろいろと「大人の事情」というのがあるのでしょうが、レンを演じるのが子役というのに失望しました。
アニメで子役を使うというのを私は決して否定しません。近年では「精霊の守り人」が成功したと言える例でしょう(脚本では重大な失敗をした作品ですが…)。
子役を使うというのは、キャラクターの年齢に近い者に演じさせる事に因って、いわゆる声優が演じるのとは違うリアルさやナチュラルさを出すのが目的だと思います。
しかし、本作においては逆に“クセ”があり過ぎて私には抵抗感がありました。

うみねこのなく頃に tvk/25:30~[4日]
《1》→★×
私には面白く感じませんでした。

<おわり>

以上、全13作品となります。この内現在でも視ているのは5作品です。
参考までに昨年7月の新番組では13作品中、最終回迄視続けたのは3作品でした。
更に、今年1月は10作品中で2作品、4月は19作品中2作品となります。
極力、視聴数を減らす方向にしているとはいえこの本数ですから、私個人としてはいわば今期は“豊作”といえるでしょう。
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
  1. 2009/09/11(金) 20:07:07|
  2. アニメ新番組視聴一覧
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<三国志-武将占い、前多の場合 | ホーム | 昨日のカラオケ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://schafs.blog22.fc2.com/tb.php/36-ce6917b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

前多昭彦

Author:前多昭彦
【羊務執筆者党】
ようむしっぴつしゃとう〈略称SSP〉

昭和62(1987)年8月14日(金)結成。アニメを初めとしたパロディ作品を主とする男性向同人誌サークル。これまでの発行物は当ブログの「羊務執筆者党アーカイブス」を参照のこと。
平成20年から前多昭彦の個人サークルとして活動再開。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリ

御挨拶と御注意 (5)
新刊情報 (1)
イベント参加案内 (10)
アーカイブス (3)
鈴木清順の言葉 (1)
永井一郎さんの手記 (1)
前多昭彦の日記(同人誌関連) (4)
前多昭彦の日記(宇宙戦艦ヤマト) (17)
前多昭彦の日記(アニメ関連) (14)
前多昭彦の日記(声優関連) (4)
アニメ新番組視聴一覧 (13)
前多昭彦の日記(映画) (6)
前多昭彦の日記 (35)
前多昭彦の日記(カラオケ) (4)
未分類 (0)

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター