FC2ブログ

羊務執筆者党

新刊案内など様々な情報をお伝えします。なお当サークルは男性向ジャンルのため18歳未満の方の閲覧を堅く禁じます。

「ヤマト2202嚆矢篇」を観た!

先週の土曜(24日)から「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第二章 発進篇」が公開されました。
「第二章 発進篇」について語る前に、UPしたつもりでしていなかった「第一章 嚆矢篇」の感想をUPします。

いつも通り一言で述べると「まあ面白かった」というところです。

ただ「『ヤマト』ってこんな風だったっけ?」という、いわゆる「微妙感」(違和感)が感じられました。
それが端的に表れているのが、第1話冒頭の戦闘シーンです。火焔直撃砲の描写の雑さ、ガミラスおよび地球艦隊の艦艇の種類が乏しい、BGM・効果音の使い方や絵コンテのきりかたに工夫が無いなど「ヤマト」ならではの詳細な設定が生かされていない大味なシーンに思えます。
この戦闘シーンの完成度がこの「ヤマト2202 愛の戦士たち」ゆくえを暗示しているように思えてなりません。

しかし、当篇は全26話(予定)のまだ1話と2話なのですから、まだなんとも言えないのも事実です。
まさに「海のものとも山のものともつかない」といったところでしょう。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
  1. 2017/06/29(木) 11:43:57|
  2. 前多昭彦の日記(宇宙戦艦ヤマト)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

福井氏起用に反対

「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」ではシリーズ構成・脚本に福井晴敏が起用されていますが私はこの人事に反対です。

福井作品で読んだもしくは見たものは「機動戦士ガンダムUC RE:0096」のみですが、ハッキリ言って嫌いな作家です。
というのも、友人が福井晴敏による「∀ガンダム」のノベライズを読み、富野由悠季監督の意向を無視したその展開に憤激していました。確かに聞いてみると、ディアナのラストの扱いは怒りを通り越してショックでした。私は「∀ガンダム」の大ファンなのでなおさらです。「機動戦士ガンダムUC RE:0096」も面白いとは思いません。
これはあくまでも私の独断と偏見ですが、彼の作品にはなにやら今様のいわゆる「鬱展開」の“におい”がしてなりません。よって、私は福井晴敏の作風に嫌悪感を覚えます。

その彼にこれもまた私が大ファンである「宇宙戦艦ヤマト」任せるというのは、「2199」では無かった、失望と不安が生じます。
例を挙げると加藤翼の設定、子供をここまで追い詰める… つまり悲劇にする必要があるでしょうか? 「ヤマト」らしくないように思えます。
キャラが次々と死んでいき“鬱展開アニメ”の嚆矢ともいえる「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」と同じく、「愛の戦士たち」がタイトルに含まれているのも不安になります。

「全話見ないとまだなんとも言えないだろう」というのは正論でしょう。
不安と、そして期待の中で見続けていくしかありません。
※文中敬称略
  1. 2017/06/25(日) 11:49:57|
  2. 前多昭彦の日記(宇宙戦艦ヤマト)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「この世界の片隅に」を観た!

もう2ヶ月以上も前ですが、記録に残しておきたい事なのでUPします。

4月14日(金)、「この世界の片隅に」を観てきました。
場所は横浜市内にある港南台シネサロンという小さな映画館です。まず、このアニメーション映画、観客に年配の方が多いというのをTwitterなどで目にしていたのですが、平日の昼間という事もあるものの(ちなみにこの日が最終日)、確かにその通りでした。主人公“すず”への同世代的な共感によるものでしょうか?

さて、本作ですが、鈴木清順風にただ一言で感想を述べるなら('12.2.3の日記「鈴木清順の言葉」参照)

「面白かった!」

です。
いや、この作品の場合は、

「良かった」

とするのが合っているでしょう。

作画は万策尽きる事無く高いレベルを保っていました。
特に美術(背景)、広島市街を初めとした戦中の様子をよくぞここまで詳細に、しかも作風に合うように再現したものだと舌を巻いたものです。
すず役のいわば“声優のん”は大変巧く良かったです。雰囲気というか味わい? のある演技ですずの質朴さがよく出ていたと思います。
他のキャストも瑕瑾がありません。
ストーリーは大上段に反戦を訴えたものではなく(無論、戦争を美化するものでもない)、ただ、ひたすら戦時下の日常を描いていきます。
その日常に戦争という悲惨な非日常が割り込んでくると………

私がとやかく述べるより、まさに「百聞は一見にしかず」でしょう。
まだ上映している映画館があるので、機会のある方は是非観てほしいです。

最後に、この素晴らしい作品の原作者こうの史代、そして片渕須直監督を初め本アニメーションに携わった全ての方に敬意を表します。
※文中敬称略
  1. 2017/06/20(火) 13:31:25|
  2. 前多昭彦の日記(アニメ関連)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏コミ参加決定!!!

「コミケ92」に参加が決定しました!
【コミックマーケット92】
会場=東京 有明「東京国際展示場」(東京ビッグサイト)
日時=平成29年8月11日~13日 10:00~16:00
●SSP配置場所=<日曜>ユ04b(東4ホール)


サークルカットの作者は七條乱雄斎氏です。
ssp-comiket92.png

当日の頒布本は次の通りです。
「ち×ま×子ちゃん」
B5判・28頁・頒価400円

※「ちびま×子ちゃん」の成年向パロディです(七條乱雄斎個人誌)。

◆頒布本見本◆←クリックしてください。

  1. 2017/06/10(土) 21:50:12|
  2. イベント参加案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

前多昭彦

Author:前多昭彦
【羊務執筆者党】
ようむしっぴつしゃとう〈略称SSP〉

昭和62(1987)年8月14日(金)結成。アニメを初めとしたパロディ作品を主とする男性向同人誌サークル。これまでの発行物は当ブログの「羊務執筆者党アーカイブス」を参照のこと。
平成20年から前多昭彦の個人サークルとして活動再開。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリ

御挨拶と御注意 (5)
新刊情報 (1)
イベント参加案内 (9)
アーカイブス (3)
鈴木清順の言葉 (1)
永井一郎さんの手記 (1)
前多昭彦の日記(同人誌関連) (4)
前多昭彦の日記(宇宙戦艦ヤマト) (17)
前多昭彦の日記(アニメ関連) (14)
前多昭彦の日記(声優関連) (4)
アニメ新番組視聴一覧 (13)
前多昭彦の日記(映画) (5)
前多昭彦の日記 (35)
前多昭彦の日記(カラオケ) (4)
未分類 (0)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター